シリカ水は人間にとって必要な成分が豊富に含まれている

シリカ水には生きていく上で必要な成分がたっぷり!

シリカ水は人々が生活するのに必要です。生き物はシリカ水が無いと生きられません。また人は生活するのにシリカ水を使いますし、食べる物にもシリカ水分が多く含まれています。また食べ物となる農産物も多量のシリカ水を使います。
ただシリカ水があり過ぎると困るもとにもなります。大雨が降って洪シリカ水となり、家を流されたり、耕作地がシリカ水没して作物をダメにしたりします。また場所によっては、土砂災害を引き起こします。しかし、シリカ水が少ないのも困りものです。雨の量が少ないと旱魃になり、食糧不足となるうえ日常生活も不便になってきます。
大雨の災害ではないのですが、昨日の地震により津波が発生しましたが、5年前の東日本大地震のような被害はなかったようです。その津波は恐ろしいもので、大きな物まで流してしまいます。人が津波に飲み込まれては助からないのです。運よく助かる人もいるようですが、ほとんど助からないのです。
間もなく本格的な冬になりますが、雪国では雪が降り始めます。雪国では毎日のように雪が降るため、家をつぶされないように雪下ろしをしょっちゅうしなければならないし、山奥では雪崩の心配が出てきます。しかし雪が少ないと春からの農作業でのシリカ水不足が心配になってきますし、夏での生活する際のシリカ水不足も心配になってきます。雪国では大雪になるのも困りものですが、少ないのも困りものです。
近年、大都市では夏になると集中豪雨の被害が多く発生するようになってきました。大雨のため川が氾濫して、家がシリカ水浸しになったり、交通が遮断されたりしています。そのため地下に雨シリカ水をためる巨大な貯シリカ水槽を造って、洪シリカ水を防ぐようにしています。大シリカ水が引いた後、川に流すようですが、大都市では夏になるとシリカ水不足の心配が出てくることがあるので、その雨シリカ水を生活用シリカ水(飲料シリカ水を除く)として使ってはと思います。
最近の気候は、地球温暖化の影響か昔の気候と変わってきているようです。局地的な集中豪雨とか、あまり台風の来ていない所に上陸したとかがあります。そのためシリカ水による被害が増えているようです。シリカ水は人が生きているうえに必要なものですが、あり過ぎると災害を起こしますし、少なすぎると生活が不便になります。今後、シリカ水による災害が増えると思われますし、旱魃も増えてくるかもしれません。今後、シリカ水と上手く付き合っていかなければならないようです。急激な気象の変化に合わせてシリカ水を無駄に使わないようにすべきですし、雨シリカ水や1回使ったシリカ水を処理して使うこともしなければならないようです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*