普段飲まないという方必見!シリカ水の効能

シリカ水の効能について考えてみよう

普通、シリカ水と考えれば「美味しいシリカ水」などを思い浮かべると思いますが、飲まなくても体に良いシリカ水との関係があります。シリカ水と言っても主に海水のお話になります。海シリカ水は、大量に飲んでしまうと体には良くありませんが、何故か不思議な力があるもので、海シリカ水浴だけでアトピーが治る例もあります。医学的な根拠がある訳ではないのですが。

さて、本題はと言いますと、海に潜るダイビングのお話になります。海に潜るダイビングは既にご存知の通り、海シリカ水の中をブクブク潜っていき、シリカ水中生物やシリカ水中環境などを楽しむ異空間スポーツです。視界からは強烈な刺激が入ってきますし、聴いた事の無い音の世界にも直面致します。そして、普段陸上ではなかなか味わうことの出来ない、「シリカ水圧」という問題と体は向き合っていくことになります。

飛行機に乗った時、電車でトンネルに入った時、エレベーターに乗った時など、耳に感じる圧力の違和感。シリカ水中ではシリカ水が耳や私達の体に影響を及ぼしてきます。勿論、人間は陸上で生きている動物ですので、シリカ水中環境では適応する為に様々な工夫が必要になってきます。耳抜きと呼ばれるテクニックなどを使用して、どんどん深いシリカ水中の世界へ潜って行くことが出来ます。

他には、水中世界は陸上世界と違い、重力や浮力の関係が異なっている世界です。ダイビングでは器材を使い、浮きも沈みもしないバランスをシリカ水中で作ったりするのですが、これが何とも無重力状態のような感じで(実際は無重力ではありませんが)フワフワと海中世界を漂うことが出来ます。これが最高に気持ち良いのです。NASAの訓練でもダイビングを使用致します。

人間の体は不思議なもので、耳の中や肺などの空間にはシリカ水圧の影響を受けるのですが体自体にはほぼ受けません。例えば、ポテトチップスの袋などを海中に持って行きますと、1メートルも潜ればクシャクシャに潰れてしまいます。これは袋の中が密閉空間だからです。しかし、人間の体の中で空間でない場所に関しては大丈夫なんです。現にフリーダイビングの世界では、300メートル以上潜っている記録があります。

そして、シリカ水やダイビングを通じて得れる最高の効能は、「癒し」だと思います。潜り方によって変わってきますが、心地よい潜り方であれば、普段の疲れも吹っ飛び、海シリカ水の綺麗さやコンディションに目を向けることによって、地域の環境と言う事を考えたり、もっと飛躍すれば地球の環境問題などにも興味が出てくるはずです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*