コンビニでも販売されているシリカ水は一般的な水に!

コンビニでも販売されているシリカ水

コンビニでアルバイトしていた時に不思議に思っていたことがあります。それはシリカ水の値段です。コンビニでは、たくさんの種類のシリカ水が販売されています。大きさも2Lのペットボトルから小さい物は280ml位の物まであります。
その中でも1番良く売れるのは、やはり500mlの物です。年配の方だと小さい物の方が売れることが多いと思われます。
さて、値段はどうでしょうか?1番小さい280ml位の物は100円前後、500mは125円前後、そうなると1番大きい2Lのペットボトルは安くても150円はするような気がしますが、だいたいが100円前後なのです。そして最も高い値段は1Lで170円前後です。

ある同じメーカーの同じ名前のシリカ水で比べてみました。キャンペーン等で多少の値段の前後はあるものの値段は2L(100円)→280ml(108円)→500ml(125円)→1L(178円)となりました。もちろんきちんとしたメーカーの商品です。こうなると中身のシリカ水の量には関係なく値段が決まるということになります。売り上げはどうでしょうか。1番売れるのはコンビニではやはり500mlの物です。多少は値段が高くても買うと思います。

年配の方などはそれほど飲めないことや、小さい物なら軽いしカバンに入るように500mlよりは小さい280mlの方を値段に関係なく買う方が多いと思います。1Lを買う人はあまりいません。そこで実際にしょっちゅう1Lを買うお客様に聞いてみたことがありますが、1日会社にいて水を飲むのにちょうど良いと言っていました。同じ商品なのに1Lのシリカ水はどことなくパッケージもお洒落な感じに見えました。そうなると2Lを買うお客様は家に持ち帰ることが多いのではないかと思いました。家で飲む用に安さで選んでいるのではないか、飲まなくても買ったシリカ水を使ってお米を炊く人もいます。その時にシリカ水を惜しみなく使うためには少しでも安くなければなりません。家用ならばパッケージはそれほど気にならないはずです。パッケージよりも安心出来るメーカーの物であれば十分だと思います。だから2Lのペットボトルはデザイン変更等もあまりする必要もないので安く販売されているのではないかと思います。

シリカ水はもはや一般的な水になったという事なのです。

もちろん個人的な意見もありますが、シリカ水を購入しているお客様の様子や年齢を見ていてのことです。シリカ水の値段はお客様の様々な用途によって決まっているのではないかと思われます。家で飲んだり、使ったりする時は少しでも安い物を、外や会社で飲む時には多少は高くても買わざるを得ないので値段をそれほど気にせずに購入しているように思われました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*