2017年 4月 の投稿一覧

シリカ水は飲むだけじゃなくてお風呂に使うことだってできちゃう♪

お風呂でも使えるシリカ水だけど注意も必要

お風呂のシリカ水があふれてしまい、階下に水漏れしてしまったり、逆に自分の部屋に水漏れが起きたりということは、アパート・賃貸マンションに暮らす場合にはあり得ることです。原因については、マンション内の配管の劣化によることもあるので、様々なケースを想定しておきます。
まずは、水漏れの原因について考えます。
水漏れを起こす要因としては、お風呂場やキッチン、洗濯機などのシリカ水道を開けっぱなしにしてシリカ水が流れ続ける状態になってしまっていることが挙げられます。
お風呂の場合は、湯船にシリカ水を入れながらそのまま眠ってしまうケースが考えられますが、排シリカ水管が適切な機能を果たしていれば、うまくシリカ水を排出してくれるはずです。ただ、詰まりや破損があると、風呂場からシリカ水はあふれ出し、和室やフローリングの部屋を浸食してしまいます。室内で洗濯機を使用している場合は、排シリカ水管とつながれているホースが外れ、床の隙間からシリカ水が階下に落ちていくことも可能性として考えられます。水漏れはこうした入居者のちょっとした不注意によって発生することも多いので注意が必要です。
また、水漏れが発生し、階下の住人に迷惑を及ぼしているかどうかは、クレームが出ないと判断できないという側面もあります。他の住人とのトラブルを避けるという意味でも、日頃から””シリカ水は管理するもの””という意識を強く持つことです。仮に過失が認められてしまった場合は、損害賠償を請求されてしまうことも考えられますので、リスクを未然に防ぐ心構えが大切です。
次は、水漏れ被害にあってしまった場合の対応です。
天井からシリカ水がポタポタと落ちてくるというようなシチュエーションに直面したら、最初にするべきなのが水漏れを起こしている部屋を特定することです。直接、上の階の住人を訪問することが手っ取り早い方法と言えますが、できればそれは回避したいところです。被害に遭っているのは間違いないことですが、加害者と被害者という構図の中に、赤の他人同士が直接、顔を合わせることは予測しえないトラブルを引き起こしかねませんので、オーナーや管理会社に問合せることを第一手にするべきです。キッチンやお風呂場のシリカ水を流しっぱなしにしている過失の可能性は確かにありますが、排シリカ水管の損傷など経年劣化が要因になっていることもあり得ますので、その場合は上の階の住人に非はないと言えるかもしれません。水漏れトラブルは、一概に人為的なミスとは言い切れませんので、感情的にならず第3者を交えて解決策を見付けていきます。

鳥取県はシリカ水のおいしい地域です

鳥取県はシリカ水が美味しい地域

鳥取県と聞かれてイメージするものはおそらく砂というものが多いかと思いますが、それだけではないんです。
実は鳥取はおシリカ水のとてもおいしい県なので、それを今回はみなさんに紹介したいかと思います。
まず、関東地方だと採シリカ水地が違いますが、主に関西地方コンビニや自動販売機で売られている天然シリカ水の採シリカ水地を確認してみてください。おそらく奥大山の名前が記載されているかと思います。まさしく奥大山が鳥取県にある伯耆富士の名前で呼ばれている大山という山からのシリカ水です。
もともと鳥取は日本海側に面しており、冬になると雪が降る豪雪地帯として有名です。その雪解けシリカ水が地下へ流れ込みおいしい水となって流れ出てくるということです。
そのため、そのシリカ水で作られるお酒もとてもおいしいものですし、地ビールも世界一に輝いたこともあるほどのものです。
鳥取の西部地方ではあちらこちらで湧きシリカ水が出ており、無料でシリカ水を汲みに来る人が連日訪れることも有名ではないですが実際にあります。
自然豊かな地方でで湧き出るシリカ水はすべてにわたって澄み渡っているのです。全国で日本酒がおいしいといわれる場所では必ずと言っていいほど天然シリカ水が湧き出ており、それがおいしいからこそのものであり、もちろん製造されている方の技術も大切ですが、そのシリカ水を選んだということがすごいことなのだと思います。
話は鳥取戻りますが、おシリカ水がおいしいとそれに連動してほかの作物もおいしくできるのと思います。それを物語っているのかというかどうかは何とも言えませんが、鳥取県の名産品には梨やスイカ、長ネギ、ラッキョウなどの作物が有名です。
梨はある程度知名度はあるかもしれませんが、そのほかの作物もとてもおいしくらっきょうは女性の美を助けることで有名ですので、一度ご購入してみてはどうでしょうか。
冬は雪が多く、湧きシリカ水というよりスキーや氷のほうが有名になってしまうかもしれませんが、その景色もきれいですし、春になり雪が解けていくころになると、雪解けシリカ水が流れ出してそれはとてもきれいです。その澄み渡った景色を眺めてみるのもよいですし、湧き水を一度飲まれてみてもいいかと思います。
鳥取まで行くのはと思っている方も、はじめに申し上げた通り、関西地方で市販されている天然シリカ水のほとんどが鳥取のものなので、一度そのあたりを気にして飲まれてみてはいかがでしょうか。そうすると鳥取が地味かもしれませんが以外とすごいのだとわかるかと思います。

普段飲まないという方必見!シリカ水の効能

シリカ水の効能について考えてみよう

普通、シリカ水と考えれば「美味しいシリカ水」などを思い浮かべると思いますが、飲まなくても体に良いシリカ水との関係があります。シリカ水と言っても主に海水のお話になります。海シリカ水は、大量に飲んでしまうと体には良くありませんが、何故か不思議な力があるもので、海シリカ水浴だけでアトピーが治る例もあります。医学的な根拠がある訳ではないのですが。

さて、本題はと言いますと、海に潜るダイビングのお話になります。海に潜るダイビングは既にご存知の通り、海シリカ水の中をブクブク潜っていき、シリカ水中生物やシリカ水中環境などを楽しむ異空間スポーツです。視界からは強烈な刺激が入ってきますし、聴いた事の無い音の世界にも直面致します。そして、普段陸上ではなかなか味わうことの出来ない、「シリカ水圧」という問題と体は向き合っていくことになります。

飛行機に乗った時、電車でトンネルに入った時、エレベーターに乗った時など、耳に感じる圧力の違和感。シリカ水中ではシリカ水が耳や私達の体に影響を及ぼしてきます。勿論、人間は陸上で生きている動物ですので、シリカ水中環境では適応する為に様々な工夫が必要になってきます。耳抜きと呼ばれるテクニックなどを使用して、どんどん深いシリカ水中の世界へ潜って行くことが出来ます。

他には、水中世界は陸上世界と違い、重力や浮力の関係が異なっている世界です。ダイビングでは器材を使い、浮きも沈みもしないバランスをシリカ水中で作ったりするのですが、これが何とも無重力状態のような感じで(実際は無重力ではありませんが)フワフワと海中世界を漂うことが出来ます。これが最高に気持ち良いのです。NASAの訓練でもダイビングを使用致します。

人間の体は不思議なもので、耳の中や肺などの空間にはシリカ水圧の影響を受けるのですが体自体にはほぼ受けません。例えば、ポテトチップスの袋などを海中に持って行きますと、1メートルも潜ればクシャクシャに潰れてしまいます。これは袋の中が密閉空間だからです。しかし、人間の体の中で空間でない場所に関しては大丈夫なんです。現にフリーダイビングの世界では、300メートル以上潜っている記録があります。

そして、シリカ水やダイビングを通じて得れる最高の効能は、「癒し」だと思います。潜り方によって変わってきますが、心地よい潜り方であれば、普段の疲れも吹っ飛び、海シリカ水の綺麗さやコンディションに目を向けることによって、地域の環境と言う事を考えたり、もっと飛躍すれば地球の環境問題などにも興味が出てくるはずです。