鳥取県はシリカ水のおいしい地域です

鳥取県はシリカ水が美味しい地域

鳥取県と聞かれてイメージするものはおそらく砂というものが多いかと思いますが、それだけではないんです。
実は鳥取はおシリカ水のとてもおいしい県なので、それを今回はみなさんに紹介したいかと思います。
まず、関東地方だと採シリカ水地が違いますが、主に関西地方コンビニや自動販売機で売られている天然シリカ水の採シリカ水地を確認してみてください。おそらく奥大山の名前が記載されているかと思います。まさしく奥大山が鳥取県にある伯耆富士の名前で呼ばれている大山という山からのシリカ水です。
もともと鳥取は日本海側に面しており、冬になると雪が降る豪雪地帯として有名です。その雪解けシリカ水が地下へ流れ込みおいしい水となって流れ出てくるということです。
そのため、そのシリカ水で作られるお酒もとてもおいしいものですし、地ビールも世界一に輝いたこともあるほどのものです。
鳥取の西部地方ではあちらこちらで湧きシリカ水が出ており、無料でシリカ水を汲みに来る人が連日訪れることも有名ではないですが実際にあります。
自然豊かな地方でで湧き出るシリカ水はすべてにわたって澄み渡っているのです。全国で日本酒がおいしいといわれる場所では必ずと言っていいほど天然シリカ水が湧き出ており、それがおいしいからこそのものであり、もちろん製造されている方の技術も大切ですが、そのシリカ水を選んだということがすごいことなのだと思います。
話は鳥取戻りますが、おシリカ水がおいしいとそれに連動してほかの作物もおいしくできるのと思います。それを物語っているのかというかどうかは何とも言えませんが、鳥取県の名産品には梨やスイカ、長ネギ、ラッキョウなどの作物が有名です。
梨はある程度知名度はあるかもしれませんが、そのほかの作物もとてもおいしくらっきょうは女性の美を助けることで有名ですので、一度ご購入してみてはどうでしょうか。
冬は雪が多く、湧きシリカ水というよりスキーや氷のほうが有名になってしまうかもしれませんが、その景色もきれいですし、春になり雪が解けていくころになると、雪解けシリカ水が流れ出してそれはとてもきれいです。その澄み渡った景色を眺めてみるのもよいですし、湧き水を一度飲まれてみてもいいかと思います。
鳥取まで行くのはと思っている方も、はじめに申し上げた通り、関西地方で市販されている天然シリカ水のほとんどが鳥取のものなので、一度そのあたりを気にして飲まれてみてはいかがでしょうか。そうすると鳥取が地味かもしれませんが以外とすごいのだとわかるかと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*